<商品開発サポート事例#01>

 

株式会社アテニア様/パッケージデザイン

デザインフィーチャー設立時からパッケージデザインに携わりもう9年目となります。定番品から限定品、セットなどこれまでに70以上のアイテムをデザインしています。それぞれの企画ご担当社様と協力し、新アイテム開発、商品リニューアル、限定品デザインなど目的に応じて、アテニアブランドのデザインサポートを行っています。

attenir_bath01.jpgattenir_bath02.jpgattenir_healing01.jpgcreamy02.jpgSDIM0612.jpgeyemask02.jpgSDIM1321_hp.jpgpowereffect01.jpgSDIM0971_vitalcall.jpgSDIM0824_pore.jpgSDIM0979_whitening.jpgSDIM1728_nightcc.jpgpurewhite02.jpghidan03.jpgSDIM2012_whiteup.jpgATTENIR_UV_SDIM0288_1.jpgSDIM2125_revitalizemask.jpgSDIM2061_revitawhite.jpgsheetmask08.jpgSDIM2132_sheetmask.jpgroyalfruit04.jpgclearup01.jpgfoundation_02.jpgSDIM0530.jpgSDIM0819_multi.jpgSDIM1724_multi_hp.jpgSDIM1399_compact_hp.jpgloosepowder.jpgSDIM1697_paper.jpgSDIM0847_pencil.jpgSDIM0854_pencil_hp.jpgpointmake02.jpgmascara02.jpgSDIM0858_lip.jpgSDIM0951_finecontrust.jpgrefreshing06.jpgfaceclearsheet01.jpgSDIM0969_bodysoap.jpggommage02hp.jpgnana02.jpgnana01.jpgSDIM0833_soap.jpgwhitebody_05.jpgmilk01.jpgCARTON03.jpgSDIM0795_campaign.jpgSDIM1036_summerkit.jpgSDIM1706_MEN.jpg

ページの先頭へ

<商品開発サポート事例#02>

 

江原道株式会社様/パッケージ&SPコミュニケーションツールデザイン

2007年度よりメイクアップシリーズを中心に江原道ブランドのパッケージをリニューアルしています。新商材も多くリリースされアイテム毎でも存在感を持ちつつ独特なブランドイメージを構築しています。デザイン開発のみでなく容器選定や仕様検討など、包材メーカー様との密接な打合せを通じてパッケージのクオリティコントロールまで責任を持って対応いたしました。またバラエティショップ展開においては、専用テスタースタンドの開発からカタログのフォトディレクションまで、店頭におけるブランドコミュニケーションを意識したクリエイティブワークを実施いたしました。。

CANcg.jpgSDIM0227.jpgSDIM0924.jpgSDIM0803_puff.jpgSDIM0761.jpgSDIM0490.jpgSDIM0747.jpgSDIM0630_hp.jpgSDIM0769_1.jpgSDIM0862_chiffon01.jpgSDIM0868_UV.jpgSDIM0466_2.jpgSDIM0398.jpgSDIM0928.jpgSDIM0943.jpgdisplay_KGD.jpgSDIM0894_display.jpgSDIM0897_display.jpglayout_display_KGD.jpgSDIM0891_KGDdisplay.jpgsp_tool_01.jpgsp_tool_02.jpgsp_tool_03.jpgkgd_panel_hp.jpgdisplay_KAMATA1.jpgSDIM2196_catalog.jpgp1.jpgp2-3.jpgp4-5.jpgp6-7.jpgp8-9.jpgp10-11.jpgp12-13.jpgp14-15.jpgp16-17.jpgp18-19.jpgp20-21.jpg

ページの先頭へ

<商品開発サポート事例#03>

 

アンファー株式会社様/パッケージデザイン

DIGNITY BY SCALP-Dは、頭髪治療のドクターとのコラボレーションにより企画開発されたスカルプシャンプー&コンディショナーの男性用プレミアムブランドです。デザイン検討段階においてオリジナリティのあるパッケージスタイルの開発を目指されていたところへ自主提案として提出し、結果そのアイデアがほぼそのまま採用されました。容器部デザインは透明素材のアウターと不透明のインナー2パーツからなり、正面から眺めたときに厚底の透明容器にバルクが宙に浮いたように見える工夫をしています。男性用プロダクトとしての機能感の表現や価格に見合ったラグジュアリー感、高品質感の演出に努め、容器メーカー様との詳細な打合せや製造工程の立会を通じて短期間での実現に至る事が出来ました。化粧箱やキズ防止の緩衝材、封印シールに至るまで商品の信頼感と使用効果への期待感がパッケージデザインから感じてもらえるよう、こだわりを持って担当させていただきました。
DIGNITY_visual_1.jpgDIGNITY_visual_3.jpg

ページの先頭へ